輸入住宅は光熱費が安くなるので浜松の人も大喜び

輸入住宅は耐震性、耐火性に優れているといわれています。


その理由はツーバイフォー工法で建てられているためです。

浜松の賃貸についての情報をお探しの方は必見です。

2インチと4インチの構造材料を組み合わせて壁枠を作り、その両面に構造用合板や石膏ボードを張った壁体を床の上に立てていく工法です。家全体が垂直面の4枚の壁面と水平面の床。


天井の6面体の箱型構造は、接するほかの面とお互いに支えあっているので縦横斜めのどの方向から圧力がかかっても、バランスよく分散することができます。地震などの大きな揺れや台風などにも耐えられる強度を持っていて、浜松でも多くたてられています。

内装材の石膏ボードは炎にあたるとしばらくの間水蒸気を発散し、木材の発火を遅らせる効果があります。


また火の通り道となる場所の壁の中に入っているファイヤーストップ材が、火の広がりを防止してくれます。

今、話題の便利なgoo ニュース情報は必ず役に立ちます。

さらに一定の厚みを持った木材は、表面に炭化層を作り芯まで燃えるためには、相当な時間が必要になってきます。

鉄筋住宅と変わらない耐火性能が輸入住宅には備わっています。浜松でも輸入住宅を建築する人は多くいます。


一口に輸入住宅といっても輸入先は色々です。



数量は今のところアメリカ、カナダの北米系が最も多く、次いでスウエーデン、フィンランドなどの北欧系になっています。

北欧系の輸入住宅の場合は100ミリ厚の断熱材を使用するのが普通で、さらに北欧系になると壁面には120ミリ床にはなんと200ミリの断熱材を使用しています。


そのため冷暖房コストが、5割程度減るといわれています。

光熱費が随分と下がることで、喜んでいる浜松の人たちもいます。